2017年9月27日 (水)

「希望の党」結党式~リ・セット

Img_1084

しがらみのない政治、正に日本をリ・セットするためにこの希望の党を立ち上げます
希望の党小池ゆりこ代表のこの「リ・セット」が全てを表しています。既存のルールによって、夢や希望を抱く事が出来ないなら、一度リセットして、作り直してみたらよいのです。

結党のチャーターメンバーとして僕も挨拶に立ちました。

世の中のあるべき姿を求め20歳で秘書見習となり政治の勉強を始めました。30歳で地方議員に立候補した時は、大きな夢を掲げて選挙にでました。地方議会選挙3回、衆議院選挙4回、選挙を重ねるごとに、現実的に出来る事を掲げるようになっていったのです。53歳になった今、残された政治人生で何をやるべきか考えた時、もう一度、青臭い「夢」や「希望」を語りたくなったのです。人生の節目で振り返ったとき、夢や希望が持てる国であったら楽しいではありませんか。希望の党で、新たな国づくりを目指していきます。

このままで良いとは思えません。変化のスピードが遅くても困ります。正に「リ・セット」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

自民党を離党しました

Img_0516

結党間近となって新党の立ち上げに合流するために、本日33年間所属してきた自民党を離党しました。今まで「自民党」である私を支えて来て下さった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

(中略):離党理由全文はこちら➡「20170925153521.pdf」をダウンロード

「将来の日本が本当に必要とする政策」を推進し、人材の宝庫となるような新党を作るという新たなミッションを残された人生の中で自分自身に課していきたいと思います。私の政治信念に共感して応援してきてくれた方々には、新党参加後も引き続きご支援賜れれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

モバイクにチャレンジ

Img_1081

中国の唐山市で、中国におけるシェアサイクル企業の自転車に乗ってきました。日本に進出する「モバイク」だけでなく、同業企業の2社の自転車もホテル前のサイクルスペースに置いてありました。

ビジネスモデルとしては、何処で乗っても、何処で降りても良く、鍵はスマホのアプリで解除し、料金はスマホから決済がなされているのです。何処で乗り捨てても良いというのが最大の特徴ですが、日本での導入になると定めれた場所に返すということになりかもしれません。

僕がモバイクに乗り、少し離れたところに乗り捨てたのですが、15分くらいすると、その自転車を別の人が借りて乗っていったのです。確かにちょっと乗るという気持ちにさせるモデルと思いますが、中国でもシェアサイクル企業が増えて、街に乗り捨て自転車がたまり、迷惑しているという話も聞きました。

自転車は壊れないように、パンクしないようにつくられていて、中国で億の単位で製造すれば1台の単価は安いものとなっているはずです。何回か使えば、ゴミと化しても構わないと思っているのかもしれません。

日本にもシェアサイクル事業者がいます。海外企業が来るばかりでなく、海外に進出するような日本のシェアエコ企業が出てきてくれればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

日中韓防災閣僚会議~中国唐山市

Img_1080

日中韓防災閣僚会議が中国の唐山市で開催され日本を代表して参加し、協定書にサインをしてきました。唐山市は1974年に大きな地震が発生した地域で、奇跡の復興を遂げた町として有名です。この場所で、3カ国が集まり、防災協力に関する協定が結ばれた事は、大きな意味があると思います。この会議では、各国の最近の災害についての発表も行われ、日本は熊本地震の話を僕からさせてもらいました。

災害のデータや情報を共有化したり、災害研修制度の進んだ日本に研修生を受け入れたり、お互いの観光客が災害に遭遇した際の対応等、話し合いは、会議の場以外の懇親会の席やコーヒータイムの際にも積極的に行ってきました。

災害時の協力、予防という知恵の共有化、政治的な問題はあっても協力すべきは協力するという姿勢は重要と改めて感じたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

世界初!水素燃料電池 LUNASEAコンサートが何故⑧

Img_0762_2

「世界にたった1つの水素料理屋で!」
「世界初!水素燃料電池LUNASEコンサート」が高い評価を得て終わりました。多くのメディアにも取り上げられて、多くの国民にも伝えることが出来たと思うのです。もちろんコンサート会場にいらしたLUNASEAファンの皆さんには特に。あれから1か月、興奮が冷めない時期に「Team Hydro」を再集結して、12月23日・24日のLUNASEAコンサートを「新・燃料電池コンサート完成版」として位置づけし、協力体制を整えていきたいと考えたのです。

SUGIZO、LUNASEAスタッフ、トヨタ、ホンダ、デロイト、福田峰之、そして今回からエネ庁、次世代自動車振興センターにも参加してもらうことにしました。メディアにもこの会議の様子を取材してもらい、今後もプロセスを追ってもらうことにしたのです。世界初の取り組みを近くで見てもらい、多くの国民に、そして世界に伝えてもらいたいのです。「次世代は明るいんだ」と。水素エネルギーの活用シーンが大きく広がっていくことにより、関心も高まり、環境問題を考えるきっかけを作ることが出来ればと思っているのです。

再結集の場所はやはり、ここしかない、世界でたった1つの水素料理屋店「リベロ」です。藤沢にある、世界中の水素関係者が一度は来たことがあるという知る人ぞ知るイタリア料理店です。水素専用の調理器具を使用して、水素を燃焼させその炎で肉や魚、野菜を焼くという調理法です。炎で表面は焼かれ、中身はジューシーな焼き具合になり、とても美味しいのです。と、言ってもイメージわかないはずですから、一度、食べに行ってください。同じ食材がここまで変わるのかと実感できるはずです。食と水素も今後のテーマです。音楽の次は、食を取り上げていくつもりです。

武道館は初めてということもあり、演奏についてはSUGIZOのギターの電源アンプのみとしました。しかし、12月の水素燃料電池コンサート完成版では、SUGIZOだけではなく、INORAN(ギター)、J(ベース)、真矢(ドラムス)、RYUICHI(ボーカル)、つまりLUNASEAすべての演奏に燃料電池を使ってもらいたいのです。照明も野外の物販のみに使用していましたが、12月は会場である「さいたまスーパーアリーナ」全ての照明を燃料電池でまかないたいのです。それには、もっと多くの企業に協力要請をしなくてはならないし、協力者も増やしていかなくてはなりません。

そんな僕の思い「Team Hydro」に話し、皆も思いが一緒だと再認識しました。12月まではアッという間です。今日の食事を終えたら、「新・水素燃料電池コンサート完成版」に向けて、それぞれ調査をして、次回の会議に備えることになりました。チームのメンバーは本当に熱い。子どもたちのために、地球環境のために、水素エネルギー社会を目指して活動していきます。

「水素エネルギー社会、本気で進めなくては後世に申し訳ない。僕はやるよ」 by SUGIZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

政府入り!内閣府副大臣を拝命③

9718ab6bf573498b82aeef1aa29b0da0

「大臣と同じ?官邸階段で撮影」

首相官邸に戻ると記念写真の撮影になります。大臣が写真撮影している同じ場所で副大臣も写真を撮るのです。どういう順番で並ぶのかと思えば、特に決め事はなく自由だということです。結局、僕は右の上から3番目くらいの位置取りになりました。後に、写真を見せた支援者からはもっと総理の近くにいかなきゃダメじゃないのと言われ、確かにその通りと後から思ったのです。大臣に就任した際は、この事を覚えておこうと思ってます。

ここに並ぶと階段の下に多くのカメラがあることがわかり、しばらく撮影タイムが続くのです。これは単なる記念撮影ではなく、副大臣が力を合わせて国家・国民に奉仕することを約束する為の撮影なのです。思いを1つにし、常に世の中のことを、次世代のことを考え、行動する、それが副大臣の職責です。

撮影が終わると内閣府副大臣は別室に呼ばれ、総理から仕事内容の書かれている書類を受け取ることになっています。内閣府副大臣以外は、初の副大臣会議の行われる部屋に直行しています。内閣府副大臣として、総理から書類を受けとるとそこに仕事内容が書かれていて、僕の担当範囲は主なものでIT、サイバーセキュリティ、防災、知財です。この仕事を副大臣の期間、国家国民のために必死で行うのです。伝達が終わると副大臣会議が行われる会議室に向いました。他の副大臣は既に指定座席につていて、内閣府副大臣だけが後から入ってきた形になっています。しばらく待つと、菅官房長官、そして安倍総理が入ってきました。これから、副大臣会議です。

最初の副大臣会議ですから、副大臣の果たすべき責務について、心がけについての話でした。僕が印象に残ったのは最後に総理から出た話です。

各閣僚に対して、任命に際しては、必ず災害などに対して、国民の生命と財産を守るために、緊張感を持って全力を尽くしていくよう指示しております。副大臣も任命された瞬間から、危機管理を担う者として、自覚と緊張感を持って、ことに当たって頂きたい。

災害担当の内閣府副大臣としては、災害に対する総理の思いを受け止めざる負えません。何が何でも責務を果たそう、これが僕の思いです。

副大臣会議終了。官邸から議員会館に戻るために、官邸の車寄せに行くと副大臣車が直ぐに近寄って来たのです。議員会館に戻り、モーニング姿から普段のスーツに着替えて、内閣府への「初登庁」となります。「初登庁」というのはニュースで見たことあります。職員の皆さんが玄関ホールに待っていて、そこで出迎えてくれる習わしです。僕はこういうのが苦手で、てれてしまうのです。出来れば、止めてもらいたいのですが、そういう訳にもいきません。議員会館を出て、総合庁舎8号館に副大臣車で向かい、玄関に入りました。大変多くの職員の皆さんがそこにいて拍手で迎えてくれました。恥ずかしいなと思いながら、何も反応しないのも申し訳ないんで、手を振ってホールを抜けました。

わずかな時間とはいえ、内閣府の職員の皆さんがわざわざいらしてくれた訳ですから、職員の皆さんと共にチームとして仕事をしていきたいという思いを新たにしました。エレベータに乗り11階に向かいます。副大臣としての部屋は、内閣府大臣補佐官(マイナンバー担当)として過ごした部屋の真横、秘書室を挟んで隣という場所でした。地元、神奈川8区(横浜市青葉区・緑区・都筑区の一部【荏田南町・荏田南・荏田東町・荏田東・大丸】)選出の衆議院議員として、国民の代表たる国会議員として、そして政府の内閣府副大臣として、責務を全うします。

今後も新米副大臣の活動をブログで紹介していきます。楽しみにして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

横浜市会議員緑区補欠選挙「おてき彰」の挑戦④

A5f8e644df0c4f8b8b1bb8281e4aaa76

投票日となりました。横浜市長選挙と補欠選挙は同日であったこともあり、市長選挙を中心とした前回比の投票率情報が入ってきます。どうやら、前回の市長選挙より投票率が上がりそうです。僕自身は地元のイベントに参加する、市民の要望を聞く等の通常の政治活動にもどりました。候補者であった「おてき彰」は、いたたまれない気持ちであったと思います。投票結果を待つ思いは、候補者にならない限りは絶対にわからないと思います。どうやって夜の結果発表まで過ごしていたのかは、おてき彰に聞いていません。因みに僕はいつも掃除しています。

20時になると投票箱が閉鎖され、各投票所から開票所に投票箱が運ばれます。緑区の自民党の幹部の方々には20時におてき選挙事務所に集まって欲しいと連絡を入れてありますので、人が集まり始めました。そして開票が始まりました。現地には仲間が行っているので、概ねの情報は手に入るようにしています。間違いがあってはいけないので、投票所での正式な得票数発表は遅くなるのが常です。数えている風景、それが束になっている風景は見ることが出来るので、それで大まかな状況がわかるのです。

横浜市長選挙は、20時の投票が終了すると世論調査、出口調査等の統計的手法により、林文子候補の有利な状況がこのまま続くと判断され、直ぐに「当確」が出ました。一方の補欠選挙は、出口調査などが行われていなかったので、現実的な票の集計をしないと当落がわからないのです。重々しい空気の中で事務所には多くの人が静かに待っていて、時間の経過と共に更に多くの人が集まってきました。開票所からの情報で、500票、1500票と最初は、おてき彰と他候補者の投票数は同数が続いています。数字がホワイトボードに書かれる度に、大きなため息が聞こえてきます。そのうち数字が離れてきました。それは、相手候補の数字が大きくなってきたのです。おてき彰は、自宅に待機していて、結果が出たら選挙事務所に来ることになっています。

夜中の24時近くになってきました。投票所からの情報では、束の差(投票数の差)が出てきているので、当選は困難との話です。正式に数字が確定されるまでには時間がかかるので、選挙対策本部長と相談して、ここで終わりにしようということにしました。おてき彰の携帯に電話し「ダメだ。事務所に直ぐに来るように」と。「そうですか。今、行きます」。ちょうど1ヶ月前、おてき彰の携帯に「選挙に出ないかと言われている。どうする」と電話した事が懐かしく思えたのです。わずか1ヶ月、でもこの1ヶ月はおてき彰にとっても、僕にとっても、短くて、長くて、充実していて、悩んで、貴重な1ヶ月であった事は間違いありません。

選挙事務所に集まって頂いた方に、僕は「この1ヶ月おてきは、精一杯戦ったと思います。負けたけれど、褒めてあげて下さい」と。おてき彰は「全て、自分の不徳の致すところ。支援して頂いた方々の多くの時間、多くの心を頂き、感謝以外のものはありません。更なるチャレンジは明日から始まります。今後ともご支援下さい」と。おてき彰の最初の選挙が終わりました。1ヶ月の活動で勝てるほど選挙は甘くありません。僕も初陣は落選しました。おてき彰にとってこの落選は、長い人生において大きな糧になると思います。

「おてき彰に選挙に出て欲しい」と自民党緑区支部斉藤たつや支部長から連絡があって1ヶ月、フル回転の横浜市会議員緑区補欠選挙はこれで終わりです。僕は自民党のために勇気を持って決断してくれたおてき彰の思いを忘れません。自民党関係者にも忘れて欲しくありません。秘書にも、政治に対する思いがあり、家族もあり、心もあります。大切な同志であり、仲間です。次回の統一地方選挙は中選挙区になり、何人もの候補者と選挙を行う事になります。自民党横浜市緑区支部が市会議員を2人にするという決断で初めたことですから、斉藤たつや支部長とおてき彰が統一地方選挙で両者当選する為に知恵を出し、活動することが大切になると思います。斉藤たつや横浜市会議員、柳下剛神奈川県議会議員、ありがとうござました。

皆に感謝することから、政治は始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

政府入り!内閣府副大臣を拝命②

Cef160e6bfb642f6ac2d29afe4ab6a36

「天皇陛下のおそばに・・・」

10時30分に首相官邸3階南会議室に行くと新任副大臣が集まっていました。チームとして安倍政権を支えていくメンバーです。神奈川県出身の同期は、山本ともひろ防衛副大臣、坂井学総務副大臣が就任しました。皆が集まると認証官任命式に臨むにあたっての注意事項、導線の確認を行い皇居に向かったのです。官邸には内閣府副大臣用の公用車としてクラウンが用意されていて、それに乗車したのです。

皇居に着くと控えの間に通されました。そこにはモーニング姿の安倍総理が座っていたのです。総理は事前に皇居に来て、陛下に誰が副大臣に就任したのかをお伝えしたそうです。笑顔で「ダメだと、断られて人はいないよ」とその上で、「陛下が辞令書1枚1枚にお名前を書いているので、それが終わり次第、任命式になりますよ」総理にとっては、大臣の任命式を先週終えているので慣れている様子でした。

しばらくすると用意が出来ましたので、お名前を呼ぶ順番でいらしてくださいと宮内庁職員から言われました。総理は一足先に行ってしまい、僕は2番目に呼ばれ陛下と総理の待つ認証官任命式の場に歩んで行きました。「ふくだ内閣府副大臣」と入り口で呼ばれ一礼して部屋に入りました。10m先に天皇陛下がいらして、僕のほうを真っ直ぐ見つめています。陛下に2mまで近づき一礼して、斜め45度の角度にいる総理の前まで歩み辞令書を受け取り、後ずさりして陛下の前に戻り、一礼すると改めて「ふくだ内閣府副大臣」と紹介されました。陛下を見ると真っ直ぐな視線を向けてくれていて、僕も陛下に視線を合わせました。世の中の為に副大臣としての職務を全うしようと改めて思いを強くしました。視線を合わせて一礼し、後ろに振り向き部屋を退室します。部屋を出る際はもう一度、陛下に向き直って一礼しました。長いようで短い緊張の一瞬でした。

控え室に戻り、内閣府副大臣として記帳し、皆が戻るまで待つのです。さすがに初めて副大臣としての記帳故に、緊張したのも事実です。全員が戻ると首相官邸に戻るのです。車寄せに行くとN秘書官が待っていて、公用車がスット近づいてきました。暑い時期のモーニングは汗をかくものです。そして官邸に向いました。

その③に続く 「大臣と同じ?官邸階段で撮影」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

政府入り!内閣府副大臣を拝命①

Img_0075

「新人副大臣の誕生」

8月3日(木)内閣改造が行われ、新たな安倍改造内閣が誕生しました。内閣改造、新たな自民党役員人事が行われるということは、政府であれば副大臣、政務官人事、自民党であれば部会長等の各役職人事が行われるということです。人事の季節になると大臣や党3役未経験議員は役職希望届けを自民党に提出する事になります。衆議院3期というのは政府であれば副大臣、自民党であれば政務調査会の部会長という役職がメインとなります。政府で仕事をするのか、党で仕事をするのか、担当する仕事内容が同じでも、やり方が異なるということになるのです。

役職希望届けに何を書いたかと言うと実は、第一希望にしていたのは「自民党政務調査会総務部会長」という役職でした。部会長と言うのは分野における与党自民党の政策責任者で、総務部会と言うのは、総務省の所管する範囲ということになります。僕の関心事は、地方分権、情報通信、マイナンバー等の政策です。与党自民党の側から、政策を押し上げていく手法を選んだのです。しかし、金曜日の夕方、菅官房長官から携帯に電話がかかってきたのです。この時期に官房長官から電話がくるということは、「副大臣のことかな」と一瞬、頭を過ぎったのは事実です。すると想像の通り「内閣府IT担当の副大臣をお願いします」と言われたのです。今まで自民党IT戦略特命委員会事務局長としてIT政策をつくってきました。そのとりまとめか毎年、特命委員会で出している「デジタルニッポン」という政策提言集です。今年の政府の成長戦略は正に「デジタルニッポン」に掲げているIOT社会、データ利活用社会による経済の再生です。自分たちで提言してきたものを政府に入り具体的に実現することは、職務としてやりがいがあると思ってお受けしたのです。

副大臣人事は7日午前中の閣議で正式に決まるということです。もちろん副大臣に就任するのは初めてですから、これからどうしたらよいのか、よくわかりません。土曜日となり地元の事務所にいると内閣府の職員から電話があり、月曜日の事について説明があり、詳細のFAXももらいました。そこには、モーニングを着用し、10時30分に首相官邸に来るように書いてあったのです。服装のコードは、モーニング、黒のベスト、チーフなし、銀色のネクタイ、黒の紐靴です。首相官邸に行く前に内閣府の説明をしたいので時間をとって欲しいというアポもあり、9時15分に議員会館に来てもらう事にしました。

7日、混んで首相官邸に遅れるわけにいかないので、議員会館には7時30分に到着しました。9時過ぎになると内閣府事務次官が来訪し、秘書官を誰にするかという話になったのです。副大臣には秘書官がつき、副大臣としての仕事をサポートしてくれます。Nさんはどうでしょうと履歴書を見せられたのです。どうでしょうと言われても、会ったこともないし、どんな人かも知らないし、次官が推薦してくれるならと思い「いいですよ」と応えたのです。すると外に待っていたようで部屋の中に入ってきました。見たことあるな・・・と思い、「この前、石原ひろたかと沖縄にいなかった?」と聞くとNさんは「いました。副大臣は石原前副大臣と朝食してましたよね」と。8月1日~2日に沖縄市の「スタートアップ・カフェ・コザ」に、自民党IT戦略特命委員会で視察に行っていたのです。たまたま朝ホテルで、石原ひろたか前沖縄・北方副大臣に会ったのです。縁とは不思議なものです。Nさんは石原副大臣時代から秘書官をしており、秘書官継続ということになったのです。

その②に続く「天皇陛下のおそばに・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

横浜市会議員緑区補欠選挙「おてき彰」の挑戦③

827f088747d84b07a32c45da381a9a7c

状況は日に日に苦しくなってきました。2009年政権交代選挙、僕が落選し政権が民主党に変わった選挙です。あの時、自民党でないことが選択肢の第一条件となり、駅で演説しても、チラシを配っても「自民党NO」と言われ続けたのです。今回の補選は、表立って「自民党NO」と暴言を吐く人もいたけれど、数はけっして多くはありませんでした。反自民は、民主党政権をつくる結果となり、経済がぼろぼろになったことを覚えているのだと思います。今回は、表では言わず、心の中で自民党はダメだと思っている人が多かったのです。

その上で、参議院議員の不倫疑惑、自民党員2名しか集めなくも大臣、真実か嘘か、僕は知りません。ただ報じられて、自民党の支持者ですら疑問を感じたのは事実です。特に、自民党国会議員は1000人の自民党員を集めることが責務となっていて、支援者の皆さんにも党員の紹介をしてもらい、協力してもらっているのです。年会費4000円かかる党員集めは大変なことです。その支援者の人たちが、「これはどういうことだ」と言ってきたのです。自民党員の方、支援者の方、こうした方々が声をかけてくれることにより、選挙は成り立つのです。モチベーションが下がるようなことが報じられた事は大きかったと思います。

選挙は終盤となってきました。形勢逆転のために河野太郎現外務大臣、甘利明元経済再生大臣など永田町からも応援弁士を呼び、必死に訴え続けるも大きな流れはとまりません。自民党が支援していた林文子横浜市長候補は当選圏内に入っているようですが、おてき彰は厳しいと言われていました。1ヶ月の活動で、秘書から候補者らしい雰囲気が出てきて、演説も上手くなり、人とのコミュニケーションは更に向上していました。そして、最終日の19時30分、JR横浜線中山駅で最後の街頭演説が始まりました。僕は「緑区で選ばれる市会議員は、市民に寄りそって目となり足となり、地域の代表者になれる人を選んで欲しい。政策を実現できる与党秘書の経験をかって欲しい」と。おてき彰は「自分は皆さんです。皆さんがおてき彰です。その思いを持って市政に乗り込みます。送り込んで下さい」と。20時の時報と共に演説会は終了しました。明日は投票日、結果を待つだけになったのです。

その④に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«横浜市会議員緑区補欠選挙「おてき彰」の挑戦②