フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2011年11月 7日 (月)

韓流コンサートに初挑戦

パシフィコ横浜国立大ホールで、「RyuSion LIVE TURE 2011*NEGAI*」を見てきました。所謂、韓流コンサート初挑戦。とにかく驚いた。驚いたその1は、2000人くらい入る会場に男性は、数えるほど。その2は、最初からスタンディングのライト振り。その3は、3時間半というロングコンサート。

席は2回だったので、特別なライトを振ってる姿が、まるで大文字焼きのようだった。平均年齢は50歳くらいだろうか、でも元気のある女性ばかりだ。

コンサートは、さながら懐メロアイドルコンサートの雰囲気で、ノリノリあり、バラードあり、結構楽しめた。僕も、当然、スタンディングで、踊ってきた。韓流ブームの理由が少しだけわかった気がする。また機会があれば、参加してみたい。

2011年10月11日 (火)

NPO法人Be a Taxpayerの設立

申請していたNPO法人Be a Taxpayerの設立認証がおりました。定款に記載された目的は、就業機会が限定された障害者及び経営支援が必要な事業者に対し、就業に関する支援及び販路流通に関する支援事業を行い、職業能力の開発や雇用機会の拡充、経済活動の活発化に寄与すること、です。

具体的には、障害者の雇用の場をつくること、若手芸術家の作品販路を拡大すること、都市農業従事者の農業所得を増加させること(地産地消)などを手がけていきます。始まったばかりの活動ですが、政治家としての活動とは別のライフワークとして取り組んでいきたいと思います。

2011年9月10日 (土)

ウインド・ショッピング

娘まり花も1歳7ヶ月となった。最近はペンギンのように、ひょこひょこと歩き回っている。散歩をかねて、ショッピングセンターに買い物に行った。ついこの前までは、ベビーカーに乗せるか、抱きかかえてのショッピングであったものが、今では、勝手に歩いてくれる。でも、目を離せないというのは、結構、大変だ。

目的はカメラ屋さんに行って、電池を購入すること。しかし、カメラ屋さんにはなかなかたどり着けない。まり花がいろいろなお店に入ってしまうからだ。後ろから着いていくと、何とハンガーにかけてある洋服を寄せて見ているではないか。時には腕組みをして何かブツブツ言っている。正しく、ウインド・ショッピングとも言うべきか。

何故、こんなことをしているのだろうと、改めて考えてみれば、ワイフが買いものに行くときに、一緒について行き、見よう見まねで「まね」をしているのだろう。そのしぐさは、思いっきりカワイイ。少しずつ成長している。女の子に近づいているのだろう。

2011年6月29日 (水)

スマートフォンケース

SONYのXPERIAarcを購入し、70%くらい使いこなせるようになった。スマートフォン暦3年の僕だが、機種が変わると使えるようになるまでに、時間がかかる。スマートフォンは精密機械、落とせば壊れる。落とした時の衝撃を吸収するためにもケースに入れるほうが良いのだろう。思えば、早速行動、ケースを見に行った。今まで、携帯の表面カバーも貼ったことも無ければ、ケースに入れたこともない。

ケースを見に行くとあまりに数が多くて、どれにしていいかわからない。重くなるのは困る。引っかかって、ポケットから出にくくなるのは困る。ダサいのは困る。個性が無いのは困る。結局、自分にマッチするものが無く、購入しないで店を出た。

いつしか、自分にマッチするものが見つかるのだろうか。ダメなら、オリジナルでつくってもらおうか・・・。

2011年6月 9日 (木)

初めての老眼鏡

47歳になって、初めて老眼鏡を購入した。新聞・雑誌は普通に読めるけれど、針に糸が通らない、漫画コミック本が読みづらい、明細地図の番地が見えないなど、メインではないけれど、生活の一部に支障をきたし始めている。眼鏡屋に行ってみるか・・・。

眼鏡をつくったのは、何年ぶりだろうか。高校時代に近眼眼鏡をつくったのが最初。大学生以降は、コンタクトレンズと眼鏡を併用して、生活してきた。4年前にレーシック手術をして、以降は眼鏡もコンタクトも必要としていない。振り返ると、6年前に、ソウルで、ヨン様眼鏡をつくったのが最後だ。

老眼眼鏡をつくるのが、何となく恥ずかしい。なので、地元の眼鏡屋で、つくるのは抵抗がある。まずは、全く知らないお店でつくってみよう。そして、初めての老眼鏡を手に入れた。確かに、手元が良く見える。年齢を重ねると言うのは、こういうことなんだと、改めて実感した。

2011年6月 3日 (金)

野球観戦と観客

何年ぶりかで、横浜スタジアム(ハマスタ)に、野球を観戦しに行った。ベイスターズVSタイガース戦。やっぱり、球場で見る生の野球はいい。久々に、野球の醍醐味を味わった。

8割かた埋まっている観戦者を見ると、それぞれ野球を見る目的が異なるようだ。第一集団、純粋なる応援団は、野球を見るより、応援そのものが目的のようだ。第二集団、野球をつまみにして、酒を飲むことが目的のようだ。第三集団、野球を純粋に見ることが目的のようだ。

第三集団にしてみると、「久々の野球なのだから静かに見たい」つまり、ボールがキャッチャーミットにおさまる音、スライディングの音、目と耳で野球は楽しむものだという意識なのだろう。でも、この人たちは、顧客としては薄いのかもしれない。常に見にこないからだ。

第二集団は、酒を飲み、つまみを食べ、球場に相当お金を落としていく。デーゲームであれば、試合が終わっても、周辺に飲みにいく。地域にとってもうれしい客だ。

第一集団は、毎回のように球場に足を運ぶが、飲んでる場合ではないので、球場には、あまりお金を落とさない。でも、入場料はトータルで多く払っている。

僕たちは、第三、第二と2つの要素を持つ集団であった。うるさい応援は、願い下げ。応援する気はある。ホームランを打てば、気勢を上げるし、エラーをすれば、文句も言う。でも、それは、肉声と拍手であり、鳴り物には頼らない。

今シーズンは後、ニ三度、球場に足を運びたいと思っている。

2011年4月25日 (月)

2つのブログの話

僕のブログは、2つあります。1つは、このブログ、つまり「ふくだ峰之ブログ~政治家も楽じゃない」です。これは、人間・福田峰之の日頃の思いを「つれづれなるままに」書いたものです。子どもの話、映画の話、読書の話など、ちょっとした思いを書いています。

そして、もう1つは、「活動日記」です。これは、政治家・ふくだ峰之の政策や世論に対する思いや、視察、活動の足跡などを書いています。

僕のHPからは、両方のブログを読みにいけるのですが、別サイトなどからは「ふくだ峰之ブログ~政治家も楽じゃない」しか、読みにいけないものがあります。「政策の話がないのか」とお叱りを受けることもあるのですが、その際は「活動日記」を読んで下さいと話しています。

また、Twitterではワンフレーズ・ポリティクスに挑戦しています。また、先日からは、「まぐまぐ」で、メルマガ「政治の時間」も始めました。定期購読(毎週水曜日配信)をご希望の方は、「まぐまぐ」から申し込みをして下さい。メールマガジンキーワード検索で「政治の時間」と入れて下さい。

「ふくだ峰之ブログ~政治家も楽じゃない」http://fukuroh.air-nifty.com/blog/
「活動日記」http://fukuroh.air-nifty.com/katsudou/
「Twitter」@fukudamineyuki
「メルマガ・政治の時間」http://www.mag2.com/m/0001267970.html

2011年1月 6日 (木)

CDの整理とi-pod

事務所に積んであったCDが埃まみれになっていた。300枚くらいはあるだろうか・・・。かさばるし、埃が積もるし、いっそのこと整理しようと思い、i-podに全部入れることにした。まずはPCに録音し、i-podに移す、やってみると時間がかかる作業だ。自宅に夜中に帰っても、何枚かづつ移す作業を繰り返し、ようやく終了した。あれだけ、かさばるCDもi-podには簡単に入る。80GBという記憶量は凄い。いったい、後何枚くらいのCDが記憶できるのだろうか・・・。

記憶させたCDはもったいないけれど破棄することにした。それでも、どうしても破棄出来ないものもある。様々な思い出と記憶、残したCDはどんなものかと言うと・・・
sex pistols 「never mind the bollocks here's the sex pistols」
clash 「the clash」
ryuichi sakamoto「merry christmas mr.lawrence」
armando trovaioli「7volte7」
いろいろな思いが残っている。このアルバムだけは、CDで聴こうと思う。

2010年12月 9日 (木)

スマートフォン

スマートフォンと言えばappleの「i pad」のイメージが強い。しかし、僕はDocomoのスマートフォンを使っている。僕がI-mode携帯から、スマートフォンに変えた時には、電話機自体の種類も少なく、ブラックベリー、htcなど気の利いたものは、殆ど外国メーカーでした。

でも、先日たまたま、Docoomoショップに行ってみると、韓国製のGalaxyの他に、日本製の機械(東芝、シャープ)も随分出てきていた。Andoroid携帯の将来をかって、Dcomoを使い続けている。もっと、日本製のスマートフォンが充実することを望んでいる。

2010年11月30日 (火)

携帯電話のデーター

携帯電話が壊れ、データーの半分くらいがなくなってしまった。本当に困った。バックアップをとったいなかったので、相手からかかってこないと、わかりようがない、という状態になっている。電話がかかってきても、登録が無いので、誰からの電話からもわからない。ついでに、携帯アドレスもわからない。ふと、電話をしなくてはならない用件を思い出し、電話をかけようとしても、登録されておらず、仕事もはかどらない。

最近、人に会うと今更のように、携帯電話番号とアドレススを聞いている。そして、データーが増えるごとに、内臓SDカードに登録している。仕事、プライベート含めて、自分のライフスタイルがこれほど携帯電話に左右されているのか、と改めて実感した。SDカードに登録しても、携帯を落としてしまえば意味が無い。大切にしないと・・・。

より以前の記事一覧