フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

青葉区児童画作品展審査会

Dsc02781 毎年秋に恒例になっている「MOA美術館青葉区児童画作品展」の審査を行いました。作品点数は300点。今回で児童画展は15回目になりますが、最も参加作品が多いのです。

僕も実行委員長として、通算すれば2500枚位の子どもの絵を見たことになります。審査の日は楽しみでもあります。それは、心の鏡としての子どもたちの絵が見れるからです。コミュニケーションの方法は、言葉、音、体、いろいろな方法がありますが、絵を描くということもコミュニケーションの1つです。言葉では伝えられない感動を絵に表すことは、素晴らしい事だと思います。

表彰式は11月7日(日)11時「寺家ふるさと村四季の家(青葉区寺家町)」で行われます。是非、見に来てください。

2010年9月19日 (日)

海外でのお土産

海外に出ると何をお土産に買って帰るか、迷いに迷う。誰に、何を、買い物が元来得意でない故に、お土産買うのに手間取ってしまう。「つまらないものですが」と言って渡すが、本当につまらないものであれば、お土産にならない。さてと、どうしようか?
今年から、娘まり花というお土産対象者が増えており、ますます気をつかう。海外渡航者が、お金を使うのは、その国の経済波及に貢献すること。でも、日本で買えるものは、買ってはいけない。国内消費を下げてはいけないので。

2010年9月18日 (土)

この夏の日焼け

この夏も日常の政治活動で、とにかく、日焼けをしまくった。特にこの夏は、暑さが続き、皮が剥けるは、黒くなるは、しみが残るは、結構大変だった。駅で話すにも、街角の辻立ちも、日陰はないし、政策集約のための「生声プロジェクト」戸別訪問も炎天下。日焼け止めを塗っても、すぐ取れてしまう。
汗をかくこと、日焼けをすることが、活動の証明などというつもりは毛頭ない。でも、どうしたら自分の考えを伝え、有権者の意見を聞けるのだろう?無名な政治家は黒くなるしかないのだろうか?

2010年9月 3日 (金)

体力の低下と寿命

アイスホッケーで脛を骨折し、足首にひびが入り、5ヶ月が経った。足首をひねらないようにしながら、運動を復活している。何よりも、筋力が落ちている。足(太もも)、腹筋、背筋どれも、動きが鈍く、疲れやすい。どうしたものだろうか。ジョキングもしていなかったし、ダンベル運動もしていない。当然、アイスホッケーはしていない。筋力は日常使っていないと、退化するものだ。

頭も同じかもしれない。使わないと、知力が衰える。覚えないと記憶力が衰える。とにかく、体と頭をつかって、退化を防がなくてはいけない。現在46歳。江戸時代なら、寿命が途絶え、あの世に行っているだろう。寿命が延びているのは、我がままに生きろということでなく、社会に貢献する生き方をしろということだと思う。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »