フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月22日 (木)

目黒のさんま蕎麦

目蒲線西小山商店街に久々に行った。目蒲線の高架が無くなり、駅前が余りにすっきりしているのに驚いた。駅前広場と昔ながらの商店街のギャップに違和感を感じたのは、僕だけではないと思う。

西小山にあるお店に、実はワイフとオムライスを食べに行ったのです。早く着きすぎ、18時の開店時間まで、時間があったので、商店街をぶらぶらと散歩してみたのです。たまたま、お蕎麦屋さんの前を通ると「目黒のさんま蕎麦」のキャンペーンポスターを見かけた。

ワイフと「どうする?これも季節もの。おいしそうだけね!」と投げかけると「どっちにしようか?決めて」と言われた。迷った末に「目黒のさんま蕎麦」に決定。

「さんま」も「蕎麦」も「つゆ」も全て美味しかった。いろいろなことで四季を感じることが出来る。これが、日本なのです。今日は食べ物で秋を感じました。

2009年10月 2日 (金)

電話のかけ方

電話をかける時、自分の名前をどう伝えるか、悩んでいます。10年間にわたって肩書きがあったため「横浜市会議員の福田峰之です」「衆議院議員の福田峰之です」と当たり前のように電話口で話していた。でも、今では何と言えばいいのだろうか・・・。そういえば、平成7年から11年までの4年間、同じことを経験していたが、肩書きをどう伝えていたのか正直覚えていない。これからは「自民党の福田峰之です」「前衆議院議員の福田峰之です」こんなところだろうか。

いつか肩書き無しの「福田峰之です」で、通るような人間になりたいと思う。自分を表すものがない空しさを経験している。でも、失業している多くの人も、同じ思いをしているはずだ。電話をかけるということだけでも、立場が変わると異なる感情を持つ事になる。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »