フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月27日 (月)

小泉チルドレン数字「83」の帽子

地元商店街の夏祭りにはフリーマーケットが出る。掘り出し物探しが好きな僕は、早速お店に訪ねて行く。あるお店で「83」と書いてある白いベースボールキャップを見つけた。平成17年に衆議院初当選組は、マスコミからは「小泉チルドレン」と呼ばれ、当事者である僕らは「83会」と呼んでいる。何故ならば、83人の同期がいるからです。

政治家・ふくだ峰之にとっては「83」という数字は思い入れがあるのです。何故、「83」と正面書いてあるかと聞くと「確か箱根駅伝の記念キャップです」という回答が返ってきました。確かにキャップの横には「HAKONE EKIDEN」と書いてある。それでも、200円を払ってキャップを購入した。

さて「83会」は、次期衆議院総選挙で何人か残るのだろうか。どうでも、キャップは大切に使いたい。

 

 

◆神奈川県第八選挙区(青葉区緑区) 衆議院総選挙 立候補予定者 公認 福田峰之 プロフィール http://fukuroh.air-nifty.com/about.html
◆ふくだ峰之公式サイト http://www.fukudamineyuki.com/
◆ふくだ峰之ブログ① 政治家も楽じゃない http://fukuroh.air-nifty.com/blog/
◆ふくだ峰之ブログ② 活動日記 http://fukuroh.air-nifty.com/katsudou/

 

2009年7月 5日 (日)

人の心

僕(ふくだ峰之)の活動内容を記したチラシを駅頭でまいています。チラシを配るだけでも、人の心が少し見えてくるような気がします。全く無視する人、手で「いらないよ」と断る人、汚いものを見た時のように逃げる人、「いりません」と言葉で断る人、いろいろな人がいます。

そんな中、チラシを受け取る人は、残念ながら少ないのです。時には、もらってくれるけれど、目の前で捨てられたりもします。今日は、秘書が配ったチラシを一度は受け取り、「自民党か・・・」とその場で捨てる人がいました。

捨てた人が遠くに行くと、秘書は何事も無かったように、それを拾うのです。その姿を見て、僕は「さぞ、悔しいだろうな」と、秘書の姿が悲しそうに見えたのです。自民党が信頼を失ったことによって、秘書にこんな思いをさせてしまう。僕ら国会議員の責任だと思う。だからこそ「New自民党」を再構築したいのです。

「辛い思い、嫌な思い」

をした分だけ、権力の使い方がわかってくる。
秘書には、伝えていくつもりだ。

 

 

◆神奈川県第八選挙区(青葉区緑区) 衆議院総選挙 立候補予定者 公認 福田峰之 プロフィール http://fukuroh.air-nifty.com/about.html
◆ふくだ峰之公式サイト http://www.fukudamineyuki.com/
◆ふくだ峰之ブログ① 政治家も楽じゃない http://fukuroh.air-nifty.com/blog/
◆ふくだ峰之ブログ② 活動日記 http://fukuroh.air-nifty.com/katsudou/

 

2009年7月 1日 (水)

マタニティーマーク

20100207_224146_3お母さんと子どもの笑顔が書いてある、マタニティーマーク「お腹に赤ちゃんがいます」は、結構かわいらしい。ワイフが保健所からもらってきたと言って、早速いつも持ち歩くバックに結わえ付けていた。マタニティーマークは何時、誰が決めたのだろう。そんな素朴な疑問が沸いてきた。

「健やか親子21」という21世紀の国民運動計画には「妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保」というものがある。そのためには地域環境、職場環境の改善や交通機関における優先席の確保など取り組む課題が指摘されていた。「健やか親子21」推進検討会では、妊娠初期においては、妊娠していることが分かり辛く、周囲からの理解が得にくいとい課題が出され、平成17年12月~18年1月末まで、マタニティーマークを募集することになった。応募総数は1661作品。最優秀作品(現在のマタニティーマーク)は、恩賜財団母子愛育会埼玉県支部、優秀作品に東京地下鉄株式会社瀬沼晃さん、神奈川の青木一浩さんが選ばれた。

しかし、「健やか親子21」検討委員会が「マタニティーマーク」を計画する以前から、前橋・高崎市、千代田区、武蔵野市、豊田市、京都市などでは同様な先行事例を持っていた。地方自治体に先行事例があることは珍しいことではない。

「マタニティーマークを見ると席を譲ってくれる」とワイフは言っている。「今の若い人はどう・・・」と聞くと、「実は、若い人のほうが席を譲ってくれる」と言う。「子育てが終わった世代は、マタニティーマークのことを知らないのではないか」と。また、「混んでいるときは持ち物にマークをつけていても、目立たず見過ごされてしまう」とも言う。

平成18年3月に、マタニティーマークの記者発表がなされ、4年が経とうとしている。この間、子育て世代では認知が広がっていると思うが、他の世代での認知の状況はどうなのか。また妊娠中から子どもを「社会の宝」として位置づけようという気持ちを国民が持ってているのか。考えさせられる点も残っている。持ち物に取り付けるマタニティーマーク、実は市町村によってもサイズが違うようです。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »