フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月21日 (土)

またまたまたWBC

WBCの組み合わせシステムには、僕(ふくだ峰之)は一言いいたい。

今のやり方だと、同じチームと最大5試合行うことになる。3月22日・23日に行われる準決勝で、それぞれ日本と韓国が勝てば、決勝はまたまた「日本VS韓国」になる。確かに因縁のライバルである日韓戦が行われることは、日本人としては面白い。また、アジアの野球レベルの高さを示すことにもなる。

しかし、さすがに5試合もあると、他のチームとの試合が見たいと思うのも、無理はない。敗者復活を余りに重要視することにより、いろいろな国との試合が見ることが出来ない。

日本がメキシコやプエルトリコと戦っているところも見たかった。僕はサッカーワールドカップのように、地区ごとの予選はリーグ戦方式(アジア地区は日本・韓国・台湾・中国)とし、上位2チームが、準決勝リーグに進み、今回であれば、日本、韓国、キューバ、メキシコがリーグ戦を戦い上位2チームが、決勝トーナメントに進めばよい。

準決勝リーグの1位、2位がたすきがけで、トーナメントを戦い、勝者同士が決勝を戦うのはどうであろうか。しいて言うならば、準決勝リーグ進出8チームは、抽選によってAブロック、Bブロックに分かれて、リーグ戦を行えば、更に面白くなる。数多くのチームと当たるから、更に関心が高まるのではないだろうか。

このWBC、今後も是非続けて欲しい。急に最高のシステムになるわけではない。FIFAのワールドカップサッカーも歴史を経て、今の形になっていると思う。3回目は更に進化して欲しい。そして、日本がV3になれば、更に嬉しいものだ。

 

 

◆神奈川県第八選挙区(青葉区緑区) 衆議院総選挙 立候補予定者 公認 福田峰之 プロフィール http://fukuroh.air-nifty.com/about.html
◆ふくだ峰之公式サイト http://www.fukudamineyuki.com/
◆ふくだ峰之ブログ① 政治家も楽じゃない http://fukuroh.air-nifty.com/blog/
◆ふくだ峰之ブログ② 活動日記 http://fukuroh.air-nifty.com/katsudou/

 

2009年3月20日 (金)

またまたWBC

WBCは野球少年の過去を持つ大人(ふくだ峰之?)の心を刺激する。

「侍ジャパン」ついにベスト4まで、たどり着いた。宿敵韓国に勝利し、ブロック1位でのロサンゼルス行きだ。ここまで来たら、V2を是が非でも達成して欲しい。

野球大国である米国は、WBCをどう捉えているのだろうか。球場を見ても、人の入りはガラガラ。「日本VS韓国」は、アジア勢同士の対決だから、致し方ないとしても、米国戦でも、テレビを見る限り、球場に人が詰め掛けていないようだ。MLB選手を初めとして、国別世界一を争う大会にしては、寂しい限りだ。

サッカーのワールドカップでは、このようなことは想定できない。何故なのだろう。日本から見れば、米国民は愛国心の塊のように思える。尚且つ、野球発祥の地でもある。バスケットボール(MLB)は、オリンピックがプロを含めた世界一を争う大会であり、米国中が注目している。そんな、思いをWBCにかけてくれれば良いと思う。

3月23日は「日本VS米国」の試合がある。LAのドジャーススタジアムが、まずは満席になってもらいたい。

 

 

◆神奈川県第八選挙区(青葉区緑区) 衆議院総選挙 立候補予定者 公認 福田峰之 プロフィール http://fukuroh.air-nifty.com/about.html
◆ふくだ峰之公式サイト http://www.fukudamineyuki.com/
◆ふくだ峰之ブログ① 政治家も楽じゃない http://fukuroh.air-nifty.com/blog/
◆ふくだ峰之ブログ② 活動日記 http://fukuroh.air-nifty.com/katsudou/

 

2009年3月 9日 (月)

WBC日本代表

日本ラウンド最終試合。決勝戦「日本VS韓国」、結局日本は2位通過となってしまった。

本当に「V2」大丈夫なのか。日本の野球が世界に通用するか、しないか、「V2」となれば証明できる。「侍JAPAN」は、僕(福田峰之)のように、過去に野球少年であった人には、自分を置き換える夢になっている。

打撃戦から投手戦、前回の韓国戦とは、様子が違う。とにかく1点すら取られていけないのが、トーナメント戦であり、短期決戦の特徴だと思う。前半に1点取られても、後半に取り返せばいい、と考えても、投手の能力が高ければ、それも困難になる。

「スモールベースボール」という戦い方とは少し違っているようだ。サッカー、ラクビー、アイスホッケーのような体重区分けの無いコンタクトスポーツでは、日本が優勝するのは難しいと思う。でも、野球ならば可能ではないか。

だから皆、それを信じて応援している。これからが、正しく本番。「侍JAPAN」の奮闘を期待する。北京オリンピックの二の舞は許されない。緊張感に覆われたゲームで100%の力を発揮するのが、プロだと思う。重圧に負けるようなら、代表の資格はないと思う。

日本のプロ野球は、シーズン中のボールをWBC仕様にすべきだと思う。WBCで勝つことが、日本のプロ野球にとって、未来につながると思うから・・・。

 

 

◆神奈川県第八選挙区(青葉区緑区) 衆議院総選挙 立候補予定者 公認 福田峰之 プロフィール http://fukuroh.air-nifty.com/about.html
◆ふくだ峰之公式サイト http://www.fukudamineyuki.com/
◆ふくだ峰之ブログ① 政治家も楽じゃない http://fukuroh.air-nifty.com/blog/
◆ふくだ峰之ブログ② 活動日記 http://fukuroh.air-nifty.com/katsudou/

 

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »