フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「B~z」コンサートDVD | トップページ | 厳しい現実 »

2008年12月 2日 (火)

通勤線嬢1

電車の中、午後18時半。扉側の席にOLらしき女性が頭を垂れて眠っていた。日本人は一生懸命に働く、働き者民族(今は、少しおかしくなっているけれど・・・)。だから、1日が終わると、電車の中の心地良いゆれで、眠くなる。座れば当然眠くなる。

しかし、立っていても眠くなる。座っている女性の前に立っている会社員らしき男性が、頭ががっくと下がると、本を前の女性の太ももの上に落としてしまった。眠てしまい、本を落としたようだ。でも、落とされた女性は全く気づいていない。相当深い眠りなのだろう。男性は、何事も無かったように、太ももから本を取り上げ、読み始めた。

15分くらいすると、今度は、扉側に立っている女性が、雑誌を、目の前に座っている女性の頭から首にかけての部分に落としてしまった。当事者は、それでも気づいていない。深い深い眠りについているのだろう。まだ、眠っている。落とした女性は、何事も無かったように、雑誌を拾い、読み始めた。1日の内に、2回も居眠りで、物を落とされる人も珍しい。

電車の中は、いろいろな事がおこります。だから、電車は楽しい。

« 「B~z」コンサートDVD | トップページ | 厳しい現実 »

ほぼ毎日日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139178/43294053

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤線嬢1:

« 「B~z」コンサートDVD | トップページ | 厳しい現実 »