フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月23日 (火)

「天皇誕生日」に皇居へ

12月23日は天皇誕生日。国会議員になって初めて、皇居にお祝いに行くことになった。天皇誕生日は、一般参賀とは別に、国会議員の一部が、天皇陛下と会食を共にし、誕生を祝う宴が催される。「新年の儀」には、参加したことがあるけれど、天皇誕生日に皇居に行くのは初めてのこと。

皇居への入り口は正面入り口、「新年の儀」とは異なっている。控えの間でしばらく待機すると、放送が流れ、宴会場に向かう。今回は、着席形式の宴だ。ということは、出された食事は全て手を出していいのか・・・。でも、「新年の儀」にも、暗黙の取り決めがあるように、誕生日にもあるのだろう。案の定あった。ご飯、茶碗蒸し、汁などの茶碗物は、どうやら食べてもいいらしい。鯛、かまぼこなどは、後から出てくる箱に入れて、持ち帰るようだ。面白いのは、ご飯はおかわりが出来ることだ。僕も2はい食べてきた。

天皇陛下は、お体が芳しくないにも関わらず皇族方と共に、会場に現れた。そして、一緒に食事をとられた。始まりは、天皇陛下のご挨拶。引き続き、麻生総理の挨拶、そして、河野衆議院議長の発声で乾杯と続く・・・。乾杯が終わると食事会となる。食事している間は、雅楽の演奏がある。これが、本物の「雅楽」だ。

食事が終わると天皇陛下が対席される。すると、誰かから「天皇陛下万歳」の掛け声がかかった。反射的に僕も「天皇陛下万歳」と言っていた。実に、あっと言う間の「宴」であった。出された食事を箱に詰めて宴会場を出る。

呼び出し所で、車を呼び皇居を跡にする。運転してきてくれた秘書に聞くと、「控え室で、お赤飯の2段重弁当がでた」という。運転のスタッフにまで、心をかけてくれる天皇陛下の温かい気持ちに驚くばかりだ。

天皇誕生日は、国民の皆さんと一緒に、陛下の誕生を祝う日だ。こうした日を大切にしていきたい。「何でもあり、節目はなし」これでは、単に日常が永遠に続くだけとなり、メリハリの利いた社会にならない。そんな社会が良いとは思えない。

2008年12月22日 (月)

夢の続き~鬼に金棒

人の見る夢は面白い。それが寝言になって出てくるのだろうか。寝言との会話も面白い。

寝 言「金棒を買いに行く」

聞き手「金棒、何処に買いに行くの」

寝 言「鬼のところ」

聞き手「鬼のところは遠いいの」

寝 言「遠い」

どんな夢を見ていたのだろう。唐突に思うけれど、夢の中ではストーリーがあるのだろう。「金棒」という言葉は、通常、生活していて、出てくる言葉ではない。ましてや、それを買いに行くとは考えられない。「実に面白い」

2008年12月18日 (木)

やはり、オムライス

関内に仕事で出かけ、ちょうどお昼になった。さて、何を食べようか。横浜市会議員の時代に毎日のように食べていた、「かおり」のオムライスが急に食べたくなった。横浜市会棟B1に入っているレストランだ。

530円の値段は変わっていなかった。でも、少し小さくなった気がする。それでも、一般基準から言えば、大盛りだ。卵でくるまれる中のライスは、味が濃いめ。水分が多くジュウシー状態だ。食べながら、昔のことが思い出された。このオムライス食べながら、後輩と打ち合わせした事、どうやって委員会で行政からの答弁を得るか知恵をしぼった事。やりがいのあった6年4ヶ月であった。国会では、このオムライスが、秋・冬が「きつねそば」、春・夏が「大盛りそば」に変わっている。

味噌汁がスープ代わりについてくる。これも変わっていない。でも、熱すぎて口の中を火傷した。前にもこんなことがあったっけ・・・。

2008年12月16日 (火)

「エステ」という場所

住んでいるマンションの2つ隣の部屋に、所謂「エステ」というのが、最近出来た。「エステ」と言えば、女性の居場所と思い込んでいたけれども、最近は、男性用エステも流行っていると言う。先日、エステのオーナーから、パンフレットをもらい「1度に一人しか施術しないので、男性のお客もいますよ。一度、来てください」と言われた。

気安く「行きます」と言ってしまったけれども、当然「エステ」は行ったこともないし、どんな事をするかも知らないので、何となく勇気が無く、予約する電話をかけれなかった。でも、思い切って電話し、今日行ってみることにした。なんと、このエステ、完全予約ですが、24時まで営業している。これは、便利だ。

「フェイシャルマッサージ」と「フットマッサージ」というのを体験した。他人どころか、自分でも、こんな長時間、顔をいじったことは無い。オイルを使い、顔をマッサージする。何とも気持ちがいい。皮膚から余計な異物が外にあふれ出た感じがする。すべすべ感と共に顔の皮膚が薄くなった気がする。

「フットマッサージ」もオイルでひざ下から、足の裏まで丁寧にマッサージする。すねの部分は、筋肉がほぐされていないので、何ともむずがゆい。足裏は、つぼがあるのか、痛いところ、気持ちいいところが、それぞれある。歩いていたり、立っていることが、多いので足が軽くなった気がする。

とにかく、初めての経験で、ルールが分からないし、専門用語もわからない。今度、他のメニューもやってみよう。時間が取れたらですがね・・・。しかし、終わって10歩で家に帰れる気軽さは最高だ。

「オンクアージュ」さんお世話になりました。

2008年12月10日 (水)

厳しい現実

忘年会シーズン。麻生内閣の支持率低迷で、お酒が入ると、麻生総理、自民党の批判が吹き荒れる。何も言えずに、ただただ意見を聞いている。「政権が取れないので、選挙が出来ないという理由は、自分たちのことしか考えていない証明だ」と指摘された。「無駄遣いの官僚をコントロール出来ないなら、政権を持つ資格は無い」とも言われた。「定額給付金は消費に回らない。消費税5%を1年免除する方法を何故とれないのか」こんなことも・・・。

今、僕らの説明は、何を言っても言い訳に聞こえる。さあ、明日も忘年会。今度はどんな意見が出てくるのであろう。とにかく、有権者の声を全て聞いていきたい。その中から、何かが生まれてくるかもしれない。

2008年12月 2日 (火)

通勤線嬢1

電車の中、午後18時半。扉側の席にOLらしき女性が頭を垂れて眠っていた。日本人は一生懸命に働く、働き者民族(今は、少しおかしくなっているけれど・・・)。だから、1日が終わると、電車の中の心地良いゆれで、眠くなる。座れば当然眠くなる。

しかし、立っていても眠くなる。座っている女性の前に立っている会社員らしき男性が、頭ががっくと下がると、本を前の女性の太ももの上に落としてしまった。眠てしまい、本を落としたようだ。でも、落とされた女性は全く気づいていない。相当深い眠りなのだろう。男性は、何事も無かったように、太ももから本を取り上げ、読み始めた。

15分くらいすると、今度は、扉側に立っている女性が、雑誌を、目の前に座っている女性の頭から首にかけての部分に落としてしまった。当事者は、それでも気づいていない。深い深い眠りについているのだろう。まだ、眠っている。落とした女性は、何事も無かったように、雑誌を拾い、読み始めた。1日の内に、2回も居眠りで、物を落とされる人も珍しい。

電車の中は、いろいろな事がおこります。だから、電車は楽しい。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »