フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 肩に圧し掛かる重み | トップページ | ドライ・アイ »

2008年10月 6日 (月)

距離のわからない陸上競技

「位置について、ヨーイ・ドン」スタートラインから、いの一番に飛び出した。11月2日のゴールに向けて、全速力で驀進中。でも、ゴールが、何時まで経っても見えてこない。100mなのか、400mなのか、3000mなのか、はた又42.195Kmなのか、距離数が見えてこない。こんな、レースは、精神衛生上よいわけながい。物理的にも、限界は何時しか来る。

この距離を知っているのは、この世の中でたった一人。それは、麻生総理だ。「解散の次期は、私が決める」最近の決まり文句だ。景気回復にカンフル注射としての、補正予算は大切だ。いったい解散総選挙は、いつやるのだろうか。何メートル競走なのか、麻生総理、早く教えてください。

« 肩に圧し掛かる重み | トップページ | ドライ・アイ »

ほぼ毎日日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139178/42700450

この記事へのトラックバック一覧です: 距離のわからない陸上競技:

« 肩に圧し掛かる重み | トップページ | ドライ・アイ »