フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 好物・ハマ梨 | トップページ | 恐怖の雨男 »

2008年9月19日 (金)

通勤線男1

電車に乗ると、いろいろな人に出会える。もともと人間観察が趣味なので、目がいろいろな人を追ってしまう。今日の人は、電車の壁に額をくっつけて、ひたすら何かをしゃべっている。何を言っているのか、気になるし、聞き耳を立てるけれども、何を言っているかは聞き取れない。揺れれば、おでこは痛いでしょうに、熱いので、汗を掻くでしょうに。最後まで、理由が読めなかった。

降りる駅は偶然同じだった。近くに寄ると、おでこが部分的に赤くなっている。このまま会社に行けば、周りから怪訝な顔をされるでしょう。おでこが、赤いよと言ってあげてもいいのですが、さすがにね・・・。

いろいろな人が社会で生活している。ストレスもあり、悩みもあり、喜びもあり、そんな人間模様を電車の中で見ることができる。小学校の頃から、田園都市線(当時は大井町線)に乗って、学校に通っていた。あの頃から、電車は混雑していた。肩が触れただけで、バックがぶつかっただけで、喧嘩をしないで欲しい。ギスギスした社会の象徴であって欲しくない。乗っている人が、笑顔であって欲しい。

« 好物・ハマ梨 | トップページ | 恐怖の雨男 »

ほぼ毎日日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139178/42521180

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤線男1:

« 好物・ハマ梨 | トップページ | 恐怖の雨男 »