フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

肩に圧し掛かる重み

しばらくぶりに、肩への重みを感じた。秋はお祭りの季節、お祭りといえばお神輿。神輿の重みが肩に圧し掛かる。重みを感じながら、僕ら国会議員が有権者の皆さんから受けた負託は、これと同じくらい重いのだろうと実感した。この重みを支えることが出来るのか、付託に答えることが出来るのか、気がつくと、神輿を担ぎながら、自問自答繰り返していた。

子供の頃は、祭りになると必ず神輿をかついでいた。あの頃の感覚を忘れているので、コツがつかみきれない。無理すると、後で後悔しそう、最後まではかつげなかった。

2008年9月26日 (金)

「やっちゃんの国会ねじれ餅」が姿を消す

福田総理の誕生と共に店に並んだ「やっちゃんの国会ねじれ餅」が、消えていた。国会見学のお土産として、人気商品の1つでした。他にも、「やっちゃんの貧乏くじまんじゅう」「福ちゃんせんべい」などの商品も消えていた。

久々にお土産物屋さんに行って、棚を見てみると、ねじれ餅がなくなっている。聞くと、「昨日、全部売り切れたよ」という答え。そんなに、福田総理は人気があったのか、改めて考えさせられた。

お菓子メーカーも、急なる辞任は、事業計画の変更を余儀なくされる。新たな総理グッズはどんなものが、出来るのであろう。楽しみだ。

2008年9月21日 (日)

恐怖の雨男

イベントの主催者にとっては、正に「恐怖の雨男」。長津田みなみ台プリマシティーの秋祭りに参加した。最近の僕は「雨男」、自分のイベントでもよく雨が降る。以前は、「晴れ男」だったのに・・・。

農業経営者や水不足の地域には、喜ばれる存在でもある。イベントは天気で成功が決まるとよく言われる。今日のお祭りも開会式を終えて、まもなく雨が降ってきた。昼12時になり、雨は激しさを増している。早く、イベント会場を去ろう。そうすれば、雨がやむかもしれない。「恐怖の雨男」これにて、会場を後にする。

次の場所に行き、雨を降らせよう。

2008年9月19日 (金)

通勤線男1

電車に乗ると、いろいろな人に出会える。もともと人間観察が趣味なので、目がいろいろな人を追ってしまう。今日の人は、電車の壁に額をくっつけて、ひたすら何かをしゃべっている。何を言っているのか、気になるし、聞き耳を立てるけれども、何を言っているかは聞き取れない。揺れれば、おでこは痛いでしょうに、熱いので、汗を掻くでしょうに。最後まで、理由が読めなかった。

降りる駅は偶然同じだった。近くに寄ると、おでこが部分的に赤くなっている。このまま会社に行けば、周りから怪訝な顔をされるでしょう。おでこが、赤いよと言ってあげてもいいのですが、さすがにね・・・。

いろいろな人が社会で生活している。ストレスもあり、悩みもあり、喜びもあり、そんな人間模様を電車の中で見ることができる。小学校の頃から、田園都市線(当時は大井町線)に乗って、学校に通っていた。あの頃から、電車は混雑していた。肩が触れただけで、バックがぶつかっただけで、喧嘩をしないで欲しい。ギスギスした社会の象徴であって欲しくない。乗っている人が、笑顔であって欲しい。

2008年9月13日 (土)

好物・ハマ梨

この季節、「梨」が大好物の僕にはいいシーズンなのです。「ハマ梨」周辺では少しばかり有名だ。昭和30年代から、恩田川、谷本川の周辺部を中心に梨の栽培が始まったという。何にでもきっかけがあり、うまくいく場合もあれば、失敗する場合もある。そんな努力の結果が、現在の「ハマ梨」に繋がっているのだと思う。

朝食時に、寝る前に、実は昼間事務所でも梨を食べている。こんな横浜ブランドの果樹が、更に価値を高めて、単価の高い、収益性の高い商品として、農業収入を高める事が出来ればと思う。

自民党には「都市農業研究会」という議員連盟がある。政治家の父である故亀井善之代議士が立ち上げ、会長となり、都市農業政策を引っ張っていた。僕も当選するや入会し、都市農業政策を議論してきた。亀井善之代議士が他界した後は、石原のぶてる代議士が会長に就任している。この会でも、収益性が高く、人海戦術にならない農業経営とはどんなものか、活発な議論が行われている。

これから、ワイフが梨をむいて来てくれるという。さてと、食べましょうか。

2008年9月 4日 (木)

紅茶の味

おいしい紅茶を飲ませてくれる場所を見つけました。紅茶はいろいろな姿を持ち、いろいろな味を持ち、本当においしく飲めることを知りました。いい出会いがあり、地元で活躍するライフスタイル・コーディネーターのY.A先生を紹介してもらいました。多くの才能をもっているので、1つのカテゴリーではおさまらない人です。テーブルコーディネイト、フラワーアレンジメント、紅茶の先生、複合的に捉えれば、正に「ライフスタイル・コーディネーター」と呼ぶに相応しいと思う。コーヒーにも沢山の種類があるように、紅茶にも沢山の種類があることを、再確認しました。

お茶の時間を取るなら、おいしい紅茶を飲みたいし、その中で、文化や歴史を知ることが出来たら、更に喜ばしい。日本は世界の文化が融合した国とも言えます。特に横浜は開国の地であり、西洋文化が輸入された地でもあります。国の歴史を知るには、生活・文化を感じ取ることが手っ取り早い。

さて、近くに行ったときは、寄らせて頂きますよ・・・先生。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »