フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« オリンピック日本代表の「主将」 | トップページ | 2泊3日の防災訓練 »

2008年8月24日 (日)

20世紀野球少年からの一言

オリンピック野球日本代表は、メダルを取れずに惨敗した。僕も子供の頃から野球をやっていて、将来はプロ野球の選手になりたいと思っていた。野球が大好きで、「ワールドベースボールクラッシク」で、優勝したときに涙した「20世紀野球少年」から見たオリンピックは「ふざけるな」の一言につきる。

闘将・星野監督が「選手の実力はこんなものではない。調子が悪かっただけ・・」実に情けない。オリンピックは高校野球のように一発勝負だ。怪我してるとか、調子が悪いとか、そんな言い訳は、気の抜けたプロ野球ペナントレースで言えばいい。選手も「日の丸の重荷」、「緊張感」、勝てなかった原因を、そんな所に求めないで欲しい。アマチュア選手も「日の丸の重荷」を背負って、活躍しているではないか・・・、まして職業野球人がそんな言い訳して、どうするのか。選手の選び方、選手の使い方、いろんな問題はあったであろう。

「MLBが出場していないオリンピックでは、日本が優勝して当然なんだ。韓国プロ野球よりも、日本プロ野球の方が実力が上なんだ」こんな日本の子供たちの夢をつんでしまった責任は重い。これから、オリンピック日本代表はどうするつもりなのだろうか。とにかく、1試合1試合を命がけで、勝ちにいく、気合を込めたペナントレースを見せて欲しい。そうでないのなら、もし、野球が正式種目に復活しても、2度とオリンピックに出ないで欲しい。アマチュアだけで選手を構成すべきだ。

ワールドベースボールクラシックでは、何故、勝てたのだろう。イチローがいたのが大きいのではないか。MLBシーズン中、1試合どころか、1打席、1捕球に勝負をかけている「侍」が、そこにいたからではないか。今回のオリンピック野球日本代表をどう感じたのだろうか、聞いてみたいものだ。

プロ野球選手の皆さん、平成21年春のワールドベースボールクラッシックで、もう一度「夢」を見させて欲しい。20世紀野球少年より。

« オリンピック日本代表の「主将」 | トップページ | 2泊3日の防災訓練 »

ほぼ毎日日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139178/42254180

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀野球少年からの一言:

« オリンピック日本代表の「主将」 | トップページ | 2泊3日の防災訓練 »