フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 20世紀野球少年からの一言 | トップページ | 少年野球の監督 »

2008年8月30日 (土)

2泊3日の防災訓練

20080829220205_220080829220230災害時に自宅が崩壊すれば、避難所生活になる。地域の防災拠点は学校になり、当初は体育館での寝泊りとなる。体育館の床で、多くの方々と夜を過ごすというのはどういう状況なのか、経験してみる必要がある。

200808300728441日目20時現地集合。避難所暮らしをするための準備に入る。トイレを設 置する。ランプを灯す。発電機を動かす。非常用ライトを設置する。水の確保をする。準備は数多いけれども、地域の人は手馴れたものだ。テキパキとこなしている。僕は、逆に邪魔していたような有様だ。でも、激しい豪雨が降り出し、残りの準備は明日へと引き継がれた。

さて、体育館。持参した毛布を床に引き、体を横たえる。でも、床が固くて、寝付けない。普段、柔らかなベットで寝ている故に、しびれてしまう。人の歩く音も響く。1日~2日なら耐えられると思うけれど、何日もここで寝ることになれば、相当きつい。でも、気がつくと寝ていた。

朝は、朝食づくりから始まる。味噌汁をつくり、もち米をふかす。朝ごはんは、餅です。朝6時から餅つきが始まる。腹持ちが良いので、避難所には適していると言う。僕もようやく貢献できた。餅つきは得意なので、こねから、つきまで、こなせる。

こうした防災訓練は、正に実態に近いもの。よい経験が出来たと思う。

« 20世紀野球少年からの一言 | トップページ | 少年野球の監督 »

ほぼ毎日日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139178/42373016

この記事へのトラックバック一覧です: 2泊3日の防災訓練:

« 20世紀野球少年からの一言 | トップページ | 少年野球の監督 »