フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

政治的発展途上国

20080430131001国会は暴力がまかり通る場所だと実感した。実力行使が言論の府に本来、合うはずはない。ましてや本会議を開催させないように衆議院議長を部屋に閉じ込めるなんて、言語道断だ。議論の対象は、与野党の考えが異なる内容(道路特定財源暫定税率を元に戻す)だ。でも、だからといって・・・・。暴力行為が起きる議会は、正に「政治的発展途上国」の証明であろう。僕は国会での暴力行為、実力行使を一切認めない。こんな、馬鹿げた、無駄遣いを許してはいけない。

自民党国会議員1年生の今日の業務は、議長室から議長を衆議院本会議場に入れることだ。議長室、並びにその廊下は小泉チルドレンと民主党ガソリン値下げ隊(今は名前が異なっているようだが・・)で、押し合いが続く。民主党の議員は、写真に写っているようなプラカードを掲げテレビ向けにアピールしている。政治はパフォーマンスとでも言うのでしょうか。

最初は渦中に居たけれども、元来こうした騒ぎも実力行使も好きではないので、本会議場に引き上げた。本会議場には、2期生以上の先輩議員が待っていた(1期生は混乱の現場に行かされている)。僕が本会議場に入ると同じくして、同じ政策集団に所属する同期生のS代議士も入ってきた。2人ともこうした騒ぎにクールに対応する性格なので、実力行使のない国会運営はどうあるべきか、などの話をしていた。

しばらくすると、大島国会対策委員長が近くに来て「議院運営委員長室の前に今から行くように」と指示された。いやだなーと思いながらも、2人で部屋の前に行く。すると突然扉が開き、笹川議院運営委員長と河野衆議院議長が衛視を伴って現れた。ここから、本会議場入り口まで歩いていかねばならない。周りを見ると、民主党議員が3人、自民党議員は僕とS代議士のみ。こうなったら、河野議長を意地でも本会議場にお連れするぞ・・・。議長をガードしながら、押し寄せる民主党議員を振り払いながら、スクラム状態で駆け抜けた。たった10mの距離がとにかく長く感じた。

議長室から議院運営委員長室は、横並びにあり、内部が通じている。議長室の前が民主党に占拠されてたいたので、比較的手薄な議院運営委員長室から飛び出して来たのであろう。

実力行使が好きでない僕が、最前線に追いやられた。本会議場に入るとジャケットのボタンが飛び、その部分の生地が切れていることに気づいた。靴は踏まれて傷だらけ。急に腹立たしくなる。お気に入りのスーツだったのに・・・。民主党議員けしからん。大島国会対策委員長、出来れば呼びに来た際に、一言、「議長が出てくるぞ」と教えてください。心と体の準備があるものですから・・・。

本会議が終了した後、ボタンを探しに行ったけれど、当然見つからない。予備のボタンは家にあったっけ・・・。こんな経験2度としたくない。政治の先進国にしていきたい。民主党の若手議員も本当は、実力行使なんて、やりたくないのでしょ。

2008年4月29日 (火)

物を大切にすることの値段

8年前に買って、横浜市会議員選挙、衆議院選挙を一緒に戦ってきた「靴」を修理に出した。底がラバーのビブラムソールで出来たとても歩きやすい靴なのです。戸別訪問する時には、この靴を履いて、いったい何軒の家を訪問したことだろう。とにかく歩きやすいので、何度が簡易な修理に出し、履き続けてきたのです。

しかし、ついに本格的な修理が必要になりました。デパートや駅などにある靴修理の専門店に持っていくと(正直言えばワイフに持って行ってもらったのですが・・・)見積もりをしてもらうと、8年前に買った時とほぼ同じ値段になってしまったのです。どうしようか・・・・。履きやすいし、この靴を履いてた戦った選挙は、とりあえず当選しているし・・・。物を大切にする社会をつくらなくてはいけないし・・・。新しいものを買えばすむかもしれないし・・・。(同じものはもう作っていないのですが)

リサイクル品も、修理も値段が高い。それだけお金を出すのであれば、新しものを買ったほうが得。普通はこう考えます。でも、資源を大切にし、環境を考えた行動が求められている現況では、「値段がかかっても使えるものは使う社会」を目指す必要がある。

でも、少し考えちゃいました。でも「靴」は修理に出しました。出来上がりは1ヵ月後です。どんなふうにリフォームされてくるか楽しみです。

2008年4月27日 (日)

ジャケットの内ポケット

春本番となり、そろそろ「クールビズ」も気になり始める頃です。「クールビズ」今年も軽装で、地球温暖化対策に少しでも貢献せねば。この夏も、冷えすぎてジャケット無くしては居られないホテルやレストランが登場するでしょう。困るんだよな、本当に。その為にジャケットを持ち歩くことになるのです。でも実は、ポケットが多いので、ポシェット代わりにもなっているのです。

夏のシーズンに羽織るジャケットは、当然のことながら薄い生地で出来ているし、軽い生地で出来ている。涼しさを求めるゆえに当然と言えば、当然でもある。この夏ジャケット、何故かしら、内ポケットが浅い物が多い。冬用のジャケットで、通常使っている縦長の財布が、夏用ジャケットでは、収まりきらない。たまたま僕の持っているジャケットだけがそうなのか、わかりません。少なくとも僕の夏用ジャケットの大半は、浅いポケットです。夏は場所によって着たり、脱いだりが頻繁に行われるので、財布はしっかりと収まり、ボタンで閉じれるようにならないと落としてしまう可能性があるのです。

対応策を考えなくては、いけません。財布を落とすわけにはいかないので、夏用ジャケットに合わせた、長さの短い財布を捜さなくてはいけない。お気に入りを探すのに時間がかかるので、そそろろ始動しなくてはと思っています。「クールビズ」そろそろ定着したでしょうか・・・・。

GWって何でしたっけ

最近、合言葉のように「ゴールデンウィーク」は、何処かに行かれるのですか、と聞かれます。「何処にも行きません」と答えます。GWどう過ごすのですか、と聞かれると「何時もと同じです」と答えます。世間を騒がすGWも僕たちには普通の1日です。

どう時間を有効に使うか、何時もと同じ課題です。昼間はリゾートビーチのつもりで、日焼けのつもりで、街頭で演説を行いたいと思います。GWと家族で過ごすのには、まだまだ長い年月が必要となります。

2008年4月24日 (木)

プリンの先生

事務所のスタッフから4月8日、僕の誕生日にバースデーケーキをプレゼントされました。そのケーキは藤が丘にお住まいのM先生というお菓子の先生であり、尚且つ、バリ島雑貨の輸入販売をされている方がつくったものでした。本当においしいケーキだったのです。その先生が藤が丘で、仲間達と、手づくり商品、輸入商品の販売イベントをやっていると聞きました。近くによる機会があったので、立ち寄りました。いつもは、ハンバーグ屋さん。今日は定休日だそうです。だから、イベントが出来ているのです。

ハワイ関連グッズ、子供服、結婚式の引き出物、そして、お菓子とバリ雑貨。いろんなものがあって興味しんしん。結局、買ってきたのは、M先生が作ったプリンでした。プリンが好物な僕と家内で、まずはスタンダードを食しました。まだ、抹茶味は残っています。明日に、楽しみに残しています。

女性が生き生きしている姿は、本当に輝かしい。元気のない男性はしっかりせにゃあかんです。

2008年4月21日 (月)

エスカレーターの駆け足

国会から帰る途中の永田町駅のこと。僕も急いでいたけれど、前方の髪の長いパンツルックの女性はもっと急いでいた。エスカレーターの右側を駆け抜けて降りていると、急に視線から女性が消えた。どうやら転んだらしい。しかし、次の瞬間すくっと立ち上がり、何事もなかったように、駆け下りていた。

相当痛いと思う。でも、かっこ悪くて痛さを表に出すことは出来ない。エスカレーターは金属で出来ているし、当日は雨も降っていたし、滑ることは想定できると思う。でも、忙しい人は、そんなことを意識している場合ではない。

現代人は時間と共に生きている。時間が人を拘束するのか、人が時間を使っているのか、どっちなんだろう。時計を持たずに、携帯電話を使わずに1日過ごしてみたらどうだろうか。時間を使わない人、つまり時間に囚われない人が一番豊かなのかもしれない。

どうやら僕には出来そうにない。毎日、時間が足りない。貧乏性そのものだろう。

2008年4月19日 (土)

痴漢と電車

先日、雑誌を見ていたら東京圏の痴漢が多い鉄道リストが掲載されていた。2007年の集計によると下記の通りということだ。

1位JR埼京線(165件)/2位JR中央線(157件)/3位京王線(105件)/4位JR山手線(88件)・東急田園都市線(88件)

何と、僕が毎日のように乗っている田園都市線が4位になっている。実際に痴漢行為をした人(こいつらとんでもない。女性の尊厳を傷つけることは許されない)、やってないのに間違われた人(不幸というしかない。冤罪を証明するのは本当に大変らしい)両者が混じっているのであろう。こんなデーターを見ると電車に乗るのが怖くなる。男性にすれば、もしも、間違えられたら・・・。女性にしても、もしも触られたら・・・。両方とも心配事が増える。

混雑率と痴漢との因果関係があると思われる。やはり、都市部民間鉄道の混雑緩和は是が非でも必要だと思う。

2008年4月16日 (水)

携帯電話の進化

車の移動中にPCメールや添付ファイルを見たい。そして、返信したい。移動中に事務処理をすることによって、ちょっと「楽になろうかな・・・」。PHSでは、移動時に安定した情報を得ることは出来ない。携帯電話はどうなのだろうか。PCなのか、電話なのか、何なのか、よく解らない機種が増えている。情報端末としての携帯電話機が進化すれば、僕の要望をかなえてくれるであろう。 どこまで進化するのか、この小さい箱には不思議が多い。

缶コーヒーの宣伝で登場している「宇宙人(たぶんジョーンズ)」は、この携帯電話をどう思っているのであろうか、聞いてみたいものだ。

2008年4月11日 (金)

歯・歯・歯(ははは)

何年ぶりかで歯科検診に行った。最近は電動歯ブラシで、朝夕としっかり磨いているので、歯垢などは無いと思い込んでいた。マイワイフからは「電動歯ブラシだけではダメ。磨き残しがあるから、その後普通の歯ブラシで磨いて、その上で歯と歯の隙間を糸ようじで、こするのよ」と言われていた。「そんなことしなくても、充分だ」と意地を張っていたけれど、結局はワイフの言っていることが正しかった。この手のことが、よくある。

最初の検診から1週間。「今度こそ」と意気込んで歯医者に行ったけれど、まだまだ正しい磨き方が出来ていないと言われた。時間をかけて、丁寧に、磨いているつもりなのに・・・。

年をとっても、出来れば自分の歯で食べ物を食べたい。硬いものも、柔らかいものも、辛いものも、甘いものも。その為には、これからは、本当に歯を大切にしていきたいと思う。油断大敵。歯が痛くなくても検診にいかなくては・・・。

2008年4月 8日 (火)

44歳

2008040821462444歳になりました。平成7年4月に横浜市会議員になるために活動を始めて14年間経った計算になります。スタートした時の気持ちを忘れないように、進化した自分を見つめるように、政治家の「自覚」を求め続けています。

ワイフとゆっくり「レ・サンス」というフランス料理のレストランで食事をした。家で夕食を食べることも、ワイフと外食することもほとんど無い。だから、時々のこうした時間を大切にしている。

ワイフからの誕生プレゼントは、IDカードケースでした。夏になり、クールビスが始まると、議員バッチが付けられない。そうした時に、衆議院議員の身分証明書をIDケースに入れて、首からかける。夏になり、買おうと思っているうちに、夏が終わる。こんな繰り返しでしたので、プレゼントはうれしかった。さて、いい44歳になりたいです。

ある商店会長の旅立ち

2008040618114830年にわたり、僕の故郷である「たまプラーザ」で電気店を営み、そして後半は商店会長を務めていた人が、第一線を退いた。横浜市会議員を落選した時に、当選した時に、また衆議院議員に当選した時に、いつも励ましてくれた。市会議員に落選した時は、本当に心配してくれた。子供の頃から、この街で育ち、当たり前のように、この商店街で買い物をしていた。怒られたり、文句を言われたり、この商店街とともに育ってきた。その中心であった人が、店を譲り、第一線を退く。

気がつくと、僕は4月8日で44歳になっていた。 皆、年を取る。僕が子供から44歳になっているのだから、商店街の人たちも年をとる。次の世代にバトンタッチをする時代が来たのであろうか。寂しい気がする。

しかし、全てに永遠はない。次なる人生に旅立つことになる。後悔しない生き方を教えてくれた。本当に感謝しています。

2008年4月 1日 (火)

幼稚園の卒業アルバム

無くなっていたと思っていた、幼稚園の卒業アルバムが出てきた。実家の押入れで母が見つけたとのこと。見つけたと言うよりは、そこに置いてあるのを忘れていたのであろう。いやー懐かしい。1971年のものだ。

アルバムを見ていたら、クリスマスの発表会で「風」の役をやった時の写真が載っていた。三角帽をかぶり、大きな団扇には「かぜ」と書いてある。わざわざ「かぜ」と書いてあることが結構、笑える。一生懸命に役を演じたことを、なんとなく覚えている。

いろいろな思い出と共に、人は人生を歩む。あの頃は、大人になる自分を想像できてはいなかった。純粋な心、人を信じる心、こんな当たり前のことを、忘れている大人がいる。子供の頃のアルバムを見直すのも役立つものだ。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »