フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

福田峰之、走る

昼12時から衆議院本会議が急きょ行われる。地元事務所(横浜市青葉区)で月会議に出ていた僕は、会議にのめりこみ、気がつくと11時になっていた。「こりゃいけない」あざみ野駅まで車で送ってもらい、田園都市線へ。

本会議に遅刻するわけにもいかない。飛び乗った電車は11時22分の急行電車。永田町に着いたのは11時50分。あと10分だ。とにかくもうダッシュ。線路でもうダッシュしている自分に違和感を感じるけれども、歩いていたのでは遅れてしまう。スーツに革靴でとにかくダッシュ。ダッシュ。

そう言えば、大学時代に応援団が学ランでもうダッシュしてたっけ。僕はアイスホッケー部。短パン、Tシャツ姿で陸上トレーニング。学校の周りをランニングしてると、後ろからものすごいスピードで、追い抜くやつがいた。それも、学ランに革靴で。それは、応援団員だった。とにかく、あんなカッコでよく走れるな・・・と思っていた。

本会議場についたのは、11時59分、ぎりぎりセーフ。ついて、よかったけれど、スーツに革靴での「もうダッシュ」はごめんだ。余裕をもって、事務所を出発すればいいのだから。

2008年3月27日 (木)

松坂の凱旋登板

20080325211851MLB開幕戦「ボストン・レッドソックス VS オークランド・アスレチックス」は本当にいい試合だった。子供の頃から大好きだった野球、何度も球場に足を運んだけれども、こんなにいい試合を見たのは始めてです。もちろんメジャーリーグを生で見るのも始めてなのです。今度はアメリカで直接、見てみたい。

日本のプロ野球なら、応援のラッパや太鼓、大きな旗などで、野球で楽しむ人が多い。野球を見ることを楽しみにしている僕にはついていけない。例え日本開催でもMLBの公式戦なので、応援は声が中心となっている。ミットにはまる音、バットに当たる音、野球の醍醐味を味わえた。壁に衝突してもボールを放さない外野手、チャンスに必ず打つ4番打者、例えアウトでも全速力で1塁に走り抜ける選手、最後まで諦めないプレー、正に憧れの選手たち。これでは日本のプロ野球もおちおちしていられない。

松坂の凱旋登板であったけれど、松坂自体はまだまだ調整不足の感がした。シーズンは長いのです、無理せずに1シーズン投げ通して欲しい。松坂は子供だけでなく、子供の頃、野球に明け暮れた大人のヒーローでもあるのですから。「がんばれ、MATSUZAKA」

2008年3月23日 (日)

「魔法にかけられて」いい感じ

おとぎの国と現代社会のシニカルな比較と愛の物語、いい感じです。夢と希望に満ち溢れた「おこぎの国」、現実が目の前にあるゆえ諦めが最初にくる「現代NY」、でも「おとぎの国の王女様」は「現代NY」を好きになってしまう。皮肉なものです。

今の日本はどうでしょうか。目に光が無い人、最初から出来ない言い訳をする人、何でも人のせいにする人、夢を語れない人、こんな人が沢山いませんか。何故、攻撃ばかりするのでしょうか。何故、人のあら捜しばかりするのでしょうか。ストレス解消にはもってこいなのですか。そんな社会で「将来がある。夢を持って生きろ」と言い切れるわけありません。

他人のいい所を見つけることから、まずはやってみることから、ほめ合うことから、やってみませんか。少しは楽になるはずです。そうすれば「おとぎの国」に負けない、日本が出来るはずです。

2008年3月22日 (土)

牛肉と味噌の関係

20080320180703横浜名物の「大田なわのれん」に久々に行ったのです。ほんとに久々で10年ぶりくらいです。

鉄なべで味噌をまじえ牛肉を焼くのです。その他にも、長ネギやしいたけ、しらたきなども焼きます。明治維新の際に、牛肉が外国から横浜に輸入され始めました。でも、牛肉を食べる文化がない日本人に何とか、牛肉を食べさせようとする作戦で、味噌を使ったと言われています。

今では考えられませんが、食べたことの無いものを食べるには勇気がいります。「うに」「いか」「たこ」「エビ」「なまこ」など最初に食べた人を尊敬します。

なべに残された肉汁と味噌が混じった「ソース」と言うのでしょか、これを白いご飯にのっけて食べると「サイコー」に美味しいのです。僕はこの最後のご飯を食べるために、ここに来るのです。一度、行ってみてはどうですか。

2008年3月18日 (火)

確定申告とネット2

「E-tax」で確定申告を行うつもりで準備してきたのですが。結果的にはうまくいかずに、緑税務署に直接提出しました。

データーをつくるまでは順調にいっていたのですが、そのデーターをEメールで送ることが何度やってもうまくいきません。結局、時間切れでの持込です。電話で問い合わせもしたけれども、電話はなかなか繋がらない。僕みたいな、よくわかっていないのに、「E-tax」に挑戦した人が多かったのでしょう。

でも、よくわからないのが、国民なのではないでしょうか。よくわからない人が「E-tax」で提出出来なくては意味がありません。こんな状況で、普及が進むのでしょうかね。税理士事務所にお願いし、代理通信を前提としているのではないと思いますが・・・。

2008年3月14日 (金)

確定申告とネット

確定申告に「E-Tax」を始めて使いっている。正直、手続が面倒だ。でも、一回手続きを踏まえれば後は、使い勝手が良くなるだろう。国税庁は「E-Tax」を使う比率を高める努力をしているけれども、数はあまり増えていない。理由はわかる気がしますね・・・。税金の申告手続きなので、間違いがあってはいけないし、他人にそれこそ個人情報が知られても困る。だから自ずと複雑な手続きが必要になってしまう。

昨年までは税務署から来た書類を使い、そして税務署に直接持っていって申告をしていた。この時期税務署は大混乱。「E-Tax」の利用によって行く時間が省かれることが何よりうれしい。さて、最後の仕上げをそろそろやらねばなりません。

2008年3月 9日 (日)

クラスメートとコミュニティーサイト

高校時代のクラスメートから突然MIXI経由でメールが来ました。いやー、何十年ぶりというか、高校を卒業してからコンタクトがないのだから、25年ぶりということになります。結構、うれしいものです。当時のことが頭に浮かびます。MIXIの良さはこうした所にあります。

コミュニティーサイトを生かすも、殺すも利用者によります。どんな物でも、マイナスに捕らえれば問題点は浮かび上がります。「馬鹿に刃物」と言われるように、包丁も使い方を間違えれば凶器になります。どんなふうに使うか、どんなふうに使ってはいけないか、良識が問われています。良識が失われていると言ってしまえば、それまでですが・・・。

子供に対するサイトの制限も、犯罪サイト、アダルトサイトなど特別な制限はもちろん必要です。でも、いろんな世界にネットワークが広がることを制限してはいけません。サイトの制限以上に必要なのは、親の子供に対するしつけであり、社会が良識を伝授することなのではないでしょうか。全てを社会環境の責任にして制限をかけることのみを解決とするのでは、本質的な解決にはなりません。制限をしても、それを超える「何か」が必ず出てきます。いたちごっこでは、意味はありません。改正教育基本法には、「しつけは家庭で行うこと」と明示されています。

懐かしい同窓生からのメールが来るのを楽しみにしています。

2008年3月 7日 (金)

我が家のヤンキー

20080307210556我が家にも目つきの悪い「ヤンキー」がいます。いたずらすると「グゥー」とにらまれるのです。ポメラニアンでも、にらまれると怖いです。

僕の高校時代には「ヤンキー」と言われる人たちが、周りにもいました。当時は、制服のズボンが太く、風にはためかせてはいていた。髪の毛は茶色く、蜂の巣のようにモコモコしていた。 「ガン」の飛ばしあいを行い、目が合うようなら、喧嘩が始まった。この「ヤンキー」は「つっぱり」とも呼ばれ、見た目ですぐにわかった。結構、情もあって、友達には優しかったりする。

一方で、今流の悪いやつは見た目ではわかりづらい。見た目は普通なのに、陰湿ないじめを先導したり、確信犯として犯罪を犯したり、見た目と行動が異なるのです。だから、対応が鈍らざる終えない。あー、わかりづらい世の中になってきたものです。

2008年3月 4日 (火)

携帯番号ポータビリティー

携帯電話の番号ポータビリティー制度を始めて使ってみた。僕の場合は「AU」から「DOCOMO」への変更です。通信会社を変えるための受付ナンバーをもらうのに、変える元の会社に連絡しなくてはいけない。僕の場合は「AU」です。正直、連絡しづらい。変えるのにいろいろな事を聞かれ、また、何とかつなぎとめようとオペレーターも努力している。正直、「DOCOMO」に連絡する方式に出来ないものか、とも思う。僕も人の子。一生懸命繋ぎ止めようとしている電話の向こうにいる女性の姿が目に浮かぶ。でも、ファミリー割引の関係で変えざる終えない。

今度は「DOCOMO」に行った。本当に携帯には、いろんなサービスがあるな・・と驚いた。とても、全部はわからない。自分にはどのサービス適用が妥当なのかも検討もつかない。前よりも安くなったと言え、長電話、長時間のIモードの使用は多額な料金になる。コスト削減、削減、削減。

2008年3月 3日 (月)

「メジャー」にはまる

土曜日の18時は楽しみな時間になっている。NHK教育(3チャンネル)で放映されるアニメ「メジャー」にはまっているからです。主人公が子供の時代からメジャーリーグに挑戦するまでの姿が描かれている。もともと原作は漫画で掲載されていたものです。何があっても諦めない気持ち、そのための努力、本当に元気付けられるアニメだ。1回30分の放映時間が、欲求不満の原因になる。あっという間に終わり、1週間待たなければならない。正月の特集番組のように、一気に何時間も放映すればいいのに・・・・。

僕らの時代、夢はプロ野球選手。まさかMLBがこれほど近くになるとは思ってもいませんでした。つまり、大リーグは別の世界でした。夢を持ち続ければ必ず実現できる、と言う強い気持ちが必要だ。

来週が待ち遠しい。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »