フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月 4日 (月)

アイドル

200612041811201

関内に行く機会があったので「アイドル展」を見に横浜美術館に行きました。横浜美術館も面白い企画展をやるようになったものです。

いつの時代にも「アイドル」はいたはずです。時代によっても、人によってもアイドルは異なるかもしれません。篠山紀信の70年代後半の雑誌表紙は代表的なアイドルを撮影したものです。

当時の僕のアイドルは、フィンガー・ファイブで、「明星」とい雑誌の表紙を飾っていました。一方では、蜷川実花による現代のアイドル写真は、篠山紀信のものとは大きく異なっています。人物だけでなく、背景自体も作品の1つであり、被写体と背景が合わさってアイドルを構成しているとも言えます。

こうした中で、僕が一番関心を持ったのは川島秀明の作品です。目の大きな女性の絵画で、特に作品によって異なる目の色と、透き通るような眼差しが強烈な印象でした。いつの時代の「アイドル」も、子供たちの憧れとして、行き続けて欲しいものです。

さーて、いつか、蜷川実花にアイドルっぽく、僕の写真を撮ってもらいたいな。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »