フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ある政治家の新盆 | トップページ | 「I-Pod」というスタイル »

2006年8月14日 (月)

先祖があって僕がいる

お盆のシーズンです。故郷を思い、先祖を振り返る、そんな期間です。

僕の故郷は青葉区で、墓もここにあり、死んでもここにい続ける。

何があっても、逃げることも、隠れることも出来ない。

父は長男でないため、東京大田区の家を出て、たまプラーザに居をかまえた。この地から始まる僕の先祖は、正しく両親かもしれません。でも、僕には祖母や祖父がいて、その父親や母親もいる、つまり歴史が僕をつくっているということです。

1年間には、祖父母についてを考える「敬老の日」があり、母親についてを考える「母の日」があり、それぞれ、身近な人を考える記念日が置かれている。家族や親戚、そして地域社会や国、お互いが思いやりを持ちながら生活していくことが大切です。両親の実家は、それぞれ米屋、つまり商人の家です。両祖父母は、僕が衆議院議員になったことを、天国でどのように思っているのであろうか。

先祖に恥じない、生き方をしたいです。

« ある政治家の新盆 | トップページ | 「I-Pod」というスタイル »

ほぼ毎日日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139178/17630745

この記事へのトラックバック一覧です: 先祖があって僕がいる:

« ある政治家の新盆 | トップページ | 「I-Pod」というスタイル »