フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 先祖があって僕がいる | トップページ | 晋ちゃんまんじゅう ブレーク »

2006年8月28日 (月)

「I-Pod」というスタイル

「i-Pod」を使い始めて、結構な日が過ぎる。気が付いてみると、関連付属品が爆発的に増え、一つのスタイルを構築している。

僕は、車の中でFM電波を飛ばしながら、「i-Pod」に録音した音楽を再生して聴いている。

「i-Pod」は単純に音楽録音、再生の機械ではない。振り返れば、カセット式のSONYウォークマンから始まり、CD式、MD式と形が変わり、サイズも小さくなり、録音量も多量になってきた。しかし、ここまでライフスタイルの中に溶け込んできたわけではない。

Apple以外の他メーカーも似たような機械を販売しているけれど、「i-Pod」までの勢いは無い様に思う。「物」を売るのに、単純に機能や値段で競争する時代は終わっているのではないか。「物」の後ろ側にある、ライフスタイルを提供し、生き方を伝える、こんな「物」をつくることが出来れば、経済をリードできると思う。これからの日本経済のあり方は、こんな工夫が必要だと思う。

明日の朝は、ジョンレノンの「イマジン」を最初に聴こうと思う。

「想像してごらん」

« 先祖があって僕がいる | トップページ | 晋ちゃんまんじゅう ブレーク »

ほぼ毎日日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139178/17630694

この記事へのトラックバック一覧です: 「I-Pod」というスタイル:

« 先祖があって僕がいる | トップページ | 晋ちゃんまんじゅう ブレーク »