フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ある政治家の葬儀 | トップページ | クールビズの悩み »

2006年6月 7日 (水)

古き友人の話

世の中の矛盾に挑戦を決意し、「地バン、看バン、カバン無し」で選挙に挑んだ古い友人がいる。

新たな概念での選挙に取り組み、多くの無党派層の支持を得て善戦するがあえなく落選。繰り上げ当選のチャンスもあったが、本当にあと後わずかで届かなかった。

再度の挑戦は家族の理解が得られず、踏み切れない。

大いなる才能がこのままいけば埋もれてしまう。生活の保証は無く、当選する確証も無い。このような状況で家族を裏切るわけにもいくまい。

僕が協力できることは、あくまで挑戦を決めた後のことに過ぎない。多いに悩むがいい、これが政治の道を歩むための試練となる。社会のために自らの才能をいかし、時間を費やす、これが政治家の姿である。

« ある政治家の葬儀 | トップページ | クールビズの悩み »

ほぼ毎日日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139178/17633288

この記事へのトラックバック一覧です: 古き友人の話:

« ある政治家の葬儀 | トップページ | クールビズの悩み »