フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 私の行った「飲食店日記」Vol.3 | トップページ | Nessun Dorma »

2006年2月27日 (月)

「県庁の星」

映画「県庁の星」よく出来た映画です。2時間以上の作品ながら、あっという間に時が流れた感じがします。織田裕二演じるエリート県庁職員が、民間企業との人事交流でスーパーに出向する話です。役所と民間企業の極端ではあるけれども、特徴を上手く描いていて、両者の短所が良くわかります。

今必要なのは役所の得意な「システム化=普遍化」と民間企業の得意な「臨機応変な顧客満足の向上」のミックス系だと思います。どちらかいいかでなく、両者の長所を繋ぐことが大切です。この映画は続編が出来てくると思います。

そして、第3弾は「議会の星」になるのでしょうか。

« 私の行った「飲食店日記」Vol.3 | トップページ | Nessun Dorma »

ほぼ毎日日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139178/17641260

この記事へのトラックバック一覧です: 「県庁の星」:

« 私の行った「飲食店日記」Vol.3 | トップページ | Nessun Dorma »