フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月22日 (日)

今の世

地元の支援者よりこんな句を言い渡されました。

「現世は、やり得、だまし得!。被害者だけがお気の毒!」

正しく、現世を言い表していると思う。見てなければどうにでもなる、多少手を抜いても問題ない、これでは信義が問われます。

「だますより、だまされろ」とも言われますが、だまされっぱなしでは、生きてはいられません。自分の信念で、正しい道を歩み続ける、大人の模範を指し示さなくてはならないはずです。ライブドア、ヒューザーといった経営者は「道理」から逸脱している大人であり、社会に与える影響は大きいものです。ルールを守り、真っ当に努力している人が得をする社会にしたいです。

2006年1月21日 (土)

横浜の雪

朝から降り積もる雪に悩まされた市民は多いはず。でも、この雪は豪雪地帯の状況を考えるきっかけになっていると思う。

特に今年の雪は日本海側において深刻です。3メートル、4メートルの雪で、経済や生活が脅かされる。長島衆議院議員(旧山古志村村長)に聞くと「自分が知っている限りにおいて、7メートルの雪が積もったことがある」これでは動きがとれない。

気候が穏やかで特産品や観光資源がある地域は町おこしが容易いかもしれない。しかし、冬は雪で身動きが取れずに、特産品もないような地域が、活性化するのは非常に難しい。公共事業しか経済を動かすことが出来ない地域が、日本の中には存在する。

「無駄な公共事業」を行わなくても、活性化できる手法が見出せない状況にある。日本の国が各地域で、希望を持ち続けられる、幸せに住むことが出来る社会をつくらねばならない。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »